イタキスシリーズをイッキ見!

イタキスシリーズ全話をイッキに無料で見れるサイトがあります!

イタキスイッキ見はこちら!

イタズラなKiss〜Love in TOKYO 第15話

 

私が今、おすすめするドラマは『イタズラなKissLove in TOKYO』!!!

 

 

今回は第15話。

次回で本当に最終回でいいの?という、まだまだイタキスファンをこじらせそうな展開のまま終わった14話。

 

入江クン、ホントは会社のために沙穂子さんを選んだんだ、って言っていいんだよ!

琴子、入江クンに、沙穂子より琴子の方が好きでしょ、って言っていいんだよ!

って、スカイツリーの展望台から叫びたいくらいだよー!!!!

 

琴子のムリして笑ってるせつない顔を見ているワタシの方がせつない・・・

琴子が泣いたらワタシも泣いちゃう!

沙穂子役の高田里穂ちゃんが嫌いなわけじゃ無いけれど、所詮ドラマだって分かっているけれど、どうしても琴子を応援したくなってるワタシはかなりのイタキス病です・・・

こんな写真をみても入江クンと琴子に見えてしまう・・・

(皆さんおわかりかと思いますが、コレは「重要参考人探偵」の4話の時のものです)

 

 

 

 

【あらすじ】

※かなり細かな内容ですので、ネタバレしたくない方は視聴されてからお読みください

 

イタズラなKissLove in TOKYO  ♯015 さよなら入江くん

 

沙穂子との見合いを進める直樹を諦めようと、琴子は金ちゃんからのデートの誘いを受けます。

デートの当日、琴子はオシャレして家を出て行ったこと裕樹や紀子から聞いた直樹。

この前の夜、金ちゃんに言われたことを思い出し、金ちゃんが本気モードになったことを理解したのでした。紀子や裕樹の前では平常さを装っているものの、内心は琴子のことが気になって仕方がないのでした。

 

琴子と金ちゃんは日頃のストレスを発散しようと映画にゲーセンとはしゃぎまくるのでした。

金ちゃんとの時間は思いの外楽しくて、少しの間直樹のことを忘れさせてくれるのでした。

帰り際、またデートしようと言う金ちゃんの誘いを、素直に受ける琴子なのでした。

 

ある日、直樹と沙穂子はピアノコンサートに行きます。

コンサートが終わった後、会場を歩きながらストラヴィンスキーの良さについて語り合う二人。

沙穂子は、会場で前の席に座っていた人が、演奏中に眠っていたことに怒りを感じているようでした。

直樹は、琴子が一緒に来ていたら・・・と想像していたら、一人で笑ってしまうのでした。

そして二人は会場を後にし、レストランへ向かうのでした。

 

家に帰ってきた直樹は、紀子から帰りが遅いだの、本当に結婚するのなどいろいろ言われ、言い合い人なってしまいます。いい加減に会話を終わらせたい直樹が自室へ戻る途中、琴子が帰宅します。

琴子は、今日から父の店「あい原」の手伝いをするため、これから毎晩遅くなると紀子に言います。

金ちゃんもいるからいろいろ教えて貰えるという琴子に、直樹は「デートみたいなもんだな」と茶化すのです。琴子も「あたしは誰かさんと違って仕事と恋愛をごっちゃにしませんから」と応戦し、どこか痴話喧嘩のような感じに・・・

互いを気にしてはいるものの、それ以上深く踏み込めない二人なのでした。

 

紀子はそんな二人を見て諦めかけているのでした。

 

直樹も重樹の見舞いに病院を訪れます。

病室に向かう途中、小児科医に「先生のおかげだよ」と感謝する子どもの姿を、直樹は感慨深く見つめます。

琴子に「夢、諦めちゃうの?」と言われたときのことが脳裏をよぎります。

そしてすれ違うドクターを目でつい追ってしまうのでした。

病室を訪れた直樹は、重樹に隠していたはずの心臓のよくない状態や、手術の必要なことを、実は重樹が知っていたと聞かされます。重樹は手術の前に会社に復帰するから、好きでも無い女性と結婚しなくてイイと直樹に言います。直樹も重樹に自分で決めるから余計なことを考えるなと言うのです。

子を思いやる重樹と、父を思いやる直樹の気持ちが互いにぶつかってしまうのです。

 

そして家に帰って直樹は、医学書や勉強したノートを乱暴に紙袋に入れ、放り投げてしまうのです。

 

重樹が退院して入江家にかえってきました。

重雄は重樹の好きなものばかりをテーブルに並べて、重樹の退院を祝うのでした。

みんなでおいしくごちそうを食べていると、入江家に大泉会長と沙穂子がやってきます。

実は直樹が二人を呼んだのです。

沙穂子は重樹の体調を考えた料理を重箱に詰め、持参してきたのです。

見た目も味付けも素晴らしく、重樹はべた褒めをします。紀子も嫌みを言おうとしましたが、あまりのおいしさに何も言えないのでした。

琴子を見た大泉会長は、紀子の推す琴子が、沙穂子には全く及ばないとみて、見下した雰囲気を醸し出します。それを感じた沙穂子は、琴子を別の場所へ連れ出し、二人で話をしたいと言い出したのです。

 

琴子と二人きりになった沙穂子は、琴子に本音を話し出します。

直樹と2年以上一緒に暮らしていること、紀子に気に入られていることがうらやましいと言います。

沙穂子は直樹との出会いは運命だと言いました。

琴子にとっては、出会って片思いのまま、運命とは感じることも無いまま月日だけが過ぎていって・・・

沙穂子の出会いがうらやましくなりました。

でも沙穂子は、直樹が優しくすればするほど、本心が分からないと言います。

琴子は沙穂子の直樹への気持ちが本当であることを理解します。

そして、琴子は沙穂子に

「入江クンは沙穂子さんのことが本当に好きだよ。いわゆるぞっこん、ってやつ。だから安心して」

と言ってしまうのです。

夜、大泉会長は車で帰り、沙穂子は直樹が送っていきました。

一人で片付けをしている琴子に、紀子は泣きながら謝ります。二人を応援してきたつもりが、琴子を傷つけてしまったのではないかと思っていたのです。琴子が、直樹が結婚してからも「お母さん」だと思っていると言うと更に泣いてしまうのでした。

直樹が沙穂子を送って戻ってくると、琴子は

「沙穂子さん、本当にステキな人だね。入江クンのことが本当に好きなんだなって思った。あんな人に思われたら入江クンが夢中になるの、仕方ないよね。」

と直樹に言います。直樹も

「お前も早くいい男見つけろよ」

と言うのです。琴子も直樹も本心ではなく言ってしまったことを心に秘め、せつない気持ちになるのです。

 

翌日、琴子が重雄の店に行くと、重雄から入江家を出る相談をされます。

どんなに傷ついても、入江クンへの気持ちは貫いて見せると言っていた琴子も、引き際が大事と重雄に説得されます。琴子も涙ながらに納得するのでした。

 

結納の日

紀子はため息をつきながら、重雄と直樹と共に会場に向かいます。

 

琴子は金ちゃんとの待ち合わせに新宿へ。

どことなく元気の無い琴子を金ちゃんは元気づけようと歩き出します。

 

会場では結納の儀式が始まりました。

琴子が今頃は・・・と考えていると目の前のショップにはウエディングドレスが!

そんなぼんやりしている琴子に向かって、金ちゃんは告白します。

「相原琴子さん、俺と結婚してください。」

結納の儀式をしている直樹、金ちゃんにプロポーズされた琴子。

二人はこのままの道を辿っていくのでしょうか・・・

 

 

 

【感想】

 

今回もせつない・・・

しかし、入江クン許せん!

琴子が沙穂子のこと一生懸命持ち上げて話したのに、琴子が入江クンのこと好きなの知ってるのに、「お前も早くいい男見つけろよ」とか、本当に人の気持ちが分からないダメ男に見えてしまう・・・(まあ、金ちゃんに嫉妬しているのも分かるけど)

重樹や会社を救いたいっていう入江クンの気持ちは分かるけど、自分で沙穂子さんとの結婚を決めておいて、琴子に当たるのは違うでしょ!それを耐えている琴子を見るたびに泣いてしまうのです・・・

今回のことで入江クンは世界の入江ファンを半分失いました(次回取り返すんだけどね)

 

しかし、金ちゃんは初めの頃と比べて、男として本当に格好良くなってると思います。

無駄に話さず、空気も読み、玉砕覚悟でプロポーズ!

つくづく、山田君はまり役だわ、と思った第15話でした。

 

こんな悲しい気持ちのままでは終われない!

まだ最終話が残っているではありませんか!

琴子の思いを最終話に賭けましょう!

 

イタズラなKissLove in TOKYO』はFOD、dTVで配信中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【注目キャスト】

今回、第14話の注目キャストといえば・・・

医師役・柏原崇さん!!!

柏原崇さんは「特別出演」となっていたのですが、何と初代「入江直樹」だったのです!

そんな彼を憧れの医師役で出させるところがスタッフの粋を感じます。

柏原さんは1977年3月16日生まれの40歳。

イタキスの入江クンを演じていたのは19才の時でした。

↑当時の入江クン柏原バージョン!

 

ふるぽんとはまた違った雰囲気の入江クンですね!

「白線流し」や「白夜行」など数々の人気ドラマや映画に出演されていた柏原さんですが、実生活も含めいろいろなアクシデントに見舞われたようで、このイタキスへの出演以降、テレビで目にする機会はないようです。

というのも、柏原さんは現在、活動の場を中国に移されていて、中国版ツイッター、Weiboでは51万人以上のフォロワーもいるとか!

ディーン・フジオカさんや大谷亮平さんのように、また“逆輸入”されて日本でブレイクする日も遠くないかもしれませんね。

もう一人は、病院でドクターに話しかけていた男の子役の佐藤瑠生亮クンです。

みなさん、この左の子がるいきクンです。

るいきクンは2004年8月12日の13歳。13歳といえど、芸歴は9年!小さい頃から活躍されていて、子役会の大スターです。

「MOZU」「コウノドリ」「セシルのもくろみ」など50本以上のドラマに出演し、CMも20本以上とスター街道まっしぐらですね!

なぜ、このチョイ役だったるいきクンをチョイスしたかというと、実はるいきクン、「映画版イタズラなKiss THE MOVIE」の入江裕樹役だったのです!何と不思議な縁ですよね!

ちなみに現在はこんなに大きくなっています。写真はるいきクンのブログからお借りしました。ちなみに陣内さんは重雄役だそうです。

こんなにイケメンになって、子役って本当に成長が早いですね!

るいきくんのこれからの活躍、期待しています!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
イタキスを無料でイッキ見!

イタズラなkissの動画を無料でイッキに見れるサイトがあります!

公式見放題サイトの賢い利用方法をご紹介!

未分類
mokushirokuをフォローする
イタズラなKISSの動画を楽しむ!

コメント